犬や猫の健康にサン・クロレラ HOME >ペットの健康

ペットの健康ペットの健康 / 犬猫のペットの健康


大切な家族の一員であるペット達とともに過ごすためにサン・クロレラができる事

ペットの高齢化社会

ペットたちに増える病気・生活習慣病現在、犬の飼育頭数は約1,186万頭、猫は約961万頭と言われています。(一般社団法人ペットフード協会 平成22年度 全国犬猫飼育実態調査より)これは全国世帯数の40%以上がペットを飼っている計算となります。それとともに食生活の改善や医学の進歩などによって、ペットの寿命が大きく延びた結果、全体の約30%が10才以上という調査結果も出ており、ペットにも高齢化の波が押し寄せている事がはっきりと伺えます。今後、健康や生活面も含めたトラブルが増加する事は 容易に考えられますが、私たちがどのようにペットと接していくのか、例えば 「老齢なんだから病気になるのは当たり前」とあきらめるのではなく、少しでも 元気で過ごせる事ができるよう、普段から病気になりにくい体を作る事、ケアする事が大切になってきます。そのためには、毎日のペットの様子をしっかりと把握し、栄養バランスの整った食事を心がける事。それが健康への一番の近道になるのだと、わたしたちサン・クロレラは考えます。様々な栄養素をバランスよく含んだ「クロレラ」を主原料にしたペット専用健康食品「ペット用サン・ クロレラ」をぜひお試し下さい。

このページの上に


ペットフードにも安全性を

肥満は万病のもと以前から問題になっていた「食の安全性」ですが、実は日本では、ペットフードについて確たる安全性を規則化した法律はありませんでした。そのため粗悪な材料・防腐剤を使用する事や、虚偽に近い表示をしたもの、不衛生な工場で製造を行うなど、問題の多いペットフードが多く存在した事も事実です。
2008年3月アメリカにおいて、そのような原料で製造されたフードを食べた事により、ペットが多く亡くなった問題を受け、ようやく日本でもペットフードの
安全性に対する懸念が強まり、平成21年6月1日「愛がん動物用飼料の安全性に関する法律案(ペットフード安全法)」が施行されました。この法律の定義には、「ペットフードの製造等に関する規制を行うことで、ペットフードの安全性の確保を図り、ペットの健康を保護する事」を目的としています。今後メーカー側のペットに対する安全性への姿勢が製品に反映される事と思いますが、高品質で栄養面に優れているものを選ぶ事と同時に、「安全・安心」なものであるかどうか見極める事、飼い主自身にその意識が無ければ、ペットへの安全性は確保されません。ぜひ一度ご利用中のペット商品を確認して下さい。そして本当にペットの為になるものかどうか考えるきっかけとなればと思います。サン・クロレラの製品は、フードではありませんが、徹底した管理の下、原料から製造、品質チェックまで一貫して行っており、皆様のペットに安全かつ安心な製品作りを心がけています。

このページの上に


犬や猫の健康にサン・クロレラ HOME > ペットの健康